HOME > 助成金制度などのご紹介

家を建てる際に知らなければ損をする、様々な「補助金」や「保証制度」について説明しています。
中には難しい内容のものもありますので、分からない時や、もっと知りたいと思われた時は、
是非、弊社まで御連絡下さい。
リフォームをお考えの方に大変、嬉しい朗報です!
今なら、国から最大100万円の補助金が受けられます!
条件はたったコレだけ
・新耐震基準をクリアしている住宅昭和56年6月以降に建築された住宅もしくは耐震補強されている住宅
・国の補助事業の採択を受けている会社どこの建設会社でも補助金が受けられる訳ではありませんのでご注意を!
・リフォームかし保険と住宅履歴情報の登録かし保険と住宅履歴情報に係る費用は補助金の対象です
・構造もしくは防水工事を含む工事どんな工事かはお問い合わせ下さい
平成22年度「木のまち・木のいえ整備促進事業」のうち
「木のいえ整備促進事業(長期優良住宅普及促進事業)」がスタートしました。
本事業は、地域の中小住宅生産者による長期優良住宅への取組を促進するため、
一定の要件を満たす長期優良住宅について建設工事費の一部を助成するものです。
「ファースの家」は長期優良住宅認定の実績も多数ありますので、
本事業のお申し込みをお考えの方は、お気軽に弊社までご相談ください。
なお、概要は下記の通りとなります。
1)一般型 (補助額:建設費の1割以内で100万円が上限)
中小住宅生産者により供給される次の全ての要件を満たす長期優良住宅の建設を行う事業
・所管行政庁による長期優良住宅建築等計画の認定を受けたものであること。
・補助事業の実績報告を行うまでに、一定の住宅履歴情報の適切な整備及び蓄積がなされていること
・建設過程の公開により、関連事業者や消費者等への啓発を行うこと
2)地域資源活用型 (補助額:建設費の1割以内で120万円が上限)
一般型の要件に加えて、次の全ての要件を満たす長期優良住宅の建設を行う事業
・都道府県の認証制度等により産地証明等がなされている地域材を使用すること
・構造材(柱・梁・桁・土台)の過半において上記の地域材を使用していること
平成22年4月12日(月)から10月1日(金)まで(消印有効)
※注意点
■年間施工数が50棟未満の工務店のみ適用可能
■一工務店あたり5棟まで申請
■事業の予算枠を超えた時点で終了

環境に配慮した住宅の新築やリフォームにポイントを与える
「住宅版エコポイント制度」の発行・交換の申請受付開始が3月8日より開始されております。

新築は一律30万ポイント/戸(1ポイントは1円相当)。
リフォームは大型の内窓設置や外窓交換の場合で、1箇所1.8万ポイントなど、
窓の種類や大きさによってポイントが決まります。
外壁や屋根・天井、床の断熱改修は最低使用量を満たせば、
一律のポイントが得られる仕組みとなっています。
また、窓や外壁などの断熱改修と一緒に取り組むバリアフリー工事にも、ポイントが付与されます。
獲得したポイントは、ほかの住宅工事に充てることもできます。



新築住宅のお施主様や発注者を保護するため、
特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(瑕疵担保履行法)が
平成21年10月1日に施行され、新築住宅の請負人や売主に
資力確保据置(保険への加入または保証金の供託)が義務付けられます。

請負契約を結んだ住宅を、完成までお施主様に対して保証(役務保証)いたします。
MSJ完成引渡保証の特徴は、工程に併せて出来形確認を行い、
お施主様の過払いを最小限(契約金程度)に抑えることで、保険リスクが軽減されています。 
このことで保険料金を低く抑え、万が一工事が途中で継続できなくなるなどの事故が発生しても、
スムーズな引継ぎが可能となります。

住宅瑕疵担保責任保険の対象に地盤に起因する事故は含まれておりません。
地盤保証は義務化ではありませんが、万が一の事故に備え、
住宅瑕疵担保責任保険と併せて地盤保証をご利用されることをお勧めします。
補助金や保証制度などさらに詳しくしりたい方は、下記、電話番号までお問合わせ頂くか、
お問合わせフォームからメールにてご連絡下さいませ。